カメラとお酒とSomething else ・・・

久し振りの美瑛(新星館)

撮影:2014年8月17日



前回の投稿から随分時間が経ちました(-_-;)

暑かった夏が過ぎ、北海道は紅葉の季節に入った。

大雪山山系は紅葉真っ最中である。

朝晩は一桁気温になりストーブを焚いてる。

また、寒い冬が来ると思うと気が重くなる。



新星館
P8173009.jpg
美瑛には何回も来てるが、新星館に来たのは初めてだ。

この美術館は大阪在住の大島館長が、私財を投じて開設した美術館である。

開館は4月~11月3日まで。その後は館長も大阪に戻る生活を続けているらしい。




P8173010.jpg      P8172996.jpg
この建物は新潟から移築した築2百年の古民家である。 




P8172991.jpg
新星館が開館したのは2001年。

須田 剋太(すだ こくた)の書や油絵など120点、益子焼の島岡達三の陶器120点を展示してる。
P8173002.jpg
二階から美瑛の広大な景色が目の前に広がる。

大島館長は帰り際に、ここの借金もいざとなれば

展示品を売却すれば何とかなると笑ってました。

大島館長の心は広大な美瑛の景色より広かった。