カメラとお酒とSomething else ・・・

神社巡り(小樽)

皆様、こんにちは。
毎日、雨が降って鬱陶しい日々が続いてます。

7日の夜、突然にネット回線が断絶してしまいました。私の僅かな知識で
色々と試みましたがネットは断絶したまま(T_T)
8日の朝からNTTに電話したら「使用してるブロバイダーに問題があるかも知れません」と言われ
即、ブロバイダーに電話をすると「調べた結果、こちらには問題がないです。
この件はNTTの管轄です」と・・・
再度、NTTに電話をしても「当方も問題が無いが、
若しかしてルーターの故障かも知れないので新しいルーターを送ります。
明日、午前中に着きます。明日まで待って下さい」と・・・凄い疲れました。

9日午前中にルーター到着。早速新しいルーターに交換。
交換だけではネットは繋がらないのでまた、ブロバイダに電話をすると
ユーザー名とパスワードを初期状態に戻すので2時間ぐらい待って下さいと。
5時間後の夜に初期のユーザー名とパスワードを入力して操作してみたけど繋がらない。何故???

以前、パスワードを何回か変更してるので、それらを入力してみたけど繋がらない。
最終的に先月、変更したパスワードを入力して操作したら「ネット回線、繋がった^^」
何だよ、ブロバイダーのコールセンターの職員が言った「初期に戻すので2時間ぐらい待って下さい」は
何だったのか???
ネットは便利だけど、このような不具合が起こるとPCに無知な私は
お手上げ状態になってしまう。
ところで、今回のネット回線断絶の原因はルーターの故障だったの??

やっと本題の小樽観光の続きです。
小樽は何回も来てますが、いつも同じコースを歩いてました。
今回は御朱印を頂くのがメインなので、市内の神社を三か所回る予定です。
朝、荷物をホテルに預け「神社巡り」出発です。天気がイマイチです。

龍宮神社
P9066006.jpg
龍宮神社に着いて間もなく雨が降って来ました。

龍宮神社の詳細
http://dragonjinja.ec-net.jp/yurai.html

P9066009.jpg

龍宮神社の御朱印
PA126119.jpg
一言「素晴らしい」
この後、電車で南小樽に行き、住吉神社に行きます。


住吉神社
P9066022.jpg
南小樽駅で降り札幌方面に歩いて行くと、遠くに住吉神社が見えて来ます。
何となくワクワクします。


P9066018.jpg
本格的に雨が降って来ました。
手入れの行き届いた広い境内を本殿に向かって歩きます。

P9066021.jpg

住吉神社本殿
P9066015.jpg
雨が強く思うように撮影が出来ません。
土砂降りの雨です。身動きが取れません。本殿の前で雨宿りです。
15分ぐらい待ってると、少し小降りになったので急いで社務所に行き御朱印を頂きます。

住吉神社詳細
http://www.otarusumiyoshijinja.or.jp/001.html


住吉神社の御朱印
PA126122.jpg
宮司さんと少し世間話をしてると雨も止み、急いで水天宮に向かいます。

小樽市水天宮
P9066023.jpg
坂道を登り、石段を上がって行くと水天宮に通じる道があります。

水天宮本殿
P9066025.jpg
土砂降りの雨で参道から少し外れると足元が非常に悪いです。
社務所は鍵が掛かっていて誰もいません。
御朱印は頂けませんでした。残念。

水天宮の詳細
http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1058991808.html

P9066027.jpg    P9066028.jpg
海側の堺町へ下る急な階段と坂道は外人坂と呼ばれている。
この急な石段は今にも崩れそうな状態でチョッと怖かったです。
雨の中、何とか神社巡りは終了しました。

焼きウニ
P9066029.jpg
昼食は生寿司と焼きウニそしてビールに小樽ワイン(笑)
焼きウニは凄く不味かった。蒸しウニに焦げ目を付けた感じです。値段は高かったのに・・・
昼食後はお土産を買いながら、ホテルに戻ります。預けていたリュックの中は殆どお土産です。
また、お土産の買い過ぎです(^^ゞ
久し振りのミニ旅も楽しく終わりました。

Category :

ぷらっと小樽の夜を散策

皆様、こんにちは。
昨日(7日)の旭川は朝から雨が降ったり止んだり、風も冷たく
朝からストーブを焚いてました。 冬の足音が直ぐそこまで来てます。

さて、暑かった余市観光も終わり今夜(9月5日)は小樽のホテルに泊まります。
夕方ホテルに到着、少し疲れた体をお風呂に入り、リフレッシュして
夜の小樽を散策します。
小樽運河に行く途中、奈良から来たとゆうご夫婦と少しばかりお話を
しながら歩きます。

旧三井銀行小樽支店
P9056004.jpg
ここだけ見ると外国のように感じませんか?

運河沿いの食堂
P9056000.jpg
運河沿いは、いつも観光客で賑わってます。
明日(9月6日)は神社巡りをしようと思ってます。

つづく・・・

Category :

余市町観光

皆様、こんにちは。

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所の見学も終わり
お土産も沢山買いました。チョッと買い過ぎました。
これから余市神社に行く予定だが、その前に観光案内所で詳しい事を・・・
路線バス運行便数が少なく、バスで行くのは無理みたいなので
タクシー(片道1.500円)で行きます。


余市神社
P9055987.jpg
境内でタクシーに待ってもらい、燻製で有名な南保留太郎商店まで行って貰う事にした。
燻製のお土産も沢山買いました。
南保留太郎商店からは海沿いの国道を徒歩で国指定史跡に向かいます。

宮司さんの奥様から頂いたミニトマト。ホテルでは食べきれないので自宅へのお土産に^^
P9056005.jpg         PA046114.jpg
今回の旅は御朱印を頂くための旅でもありました。           


旧余市福原漁場
P9055988.jpg          P9055989.jpg
九月五日は月曜日でお休みでした。館内は見れません。
再び真夏のような暑さの中「旧下ヨイチ運上家」へ向かいますが・・・
旧余市福原漁場の詳細
http://www.town.yoichi.hokkaido.jp/anoutline/bunkazai/fukuhara.htm


日本海
P9055991.jpg
両手に沢山のお土産を持ち、この暑さの中、誰も歩いていない、何もない国道を
ひたすら歩くのは辛い。頭がフラフラして来た。もう歩くのは限界だ。
流しのタクシーはないのでタクシー会社に電話して迎えに来てもらう事に。

旧下ヨイチ運上家
P9055992.jpg         P9055993.jpg
ここでも、タクシーに待ってもらい、外観の写真だけ撮りました。
ここも、月曜日はお休みなので館内は見れませんでした。

「旧下ヨイチ運上家」の詳細
http://www.town.yoichi.hokkaido.jp/anoutline/bunkazai/unjyouya.htm


磯丼
P9055995.jpg
柿崎商店海鮮工房で遅いランチです。
新鮮なホッキ、ホタテ、ツブがのった磯丼は凄く美味しかったです。
これから電車で小樽に行きます。今夜は小樽泊まりです。
少しだけ疲れましたが、楽しい余市の観光でした。

つづく・・・

Category :

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所 見学(2)

皆様、こんにちは。
遅くなりましたがニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所見学の続きです。

真夏のような暑さです。暑~~~9月なのにb(’0’)d
P9055966.jpg

竹鶴政孝とリタ夫人が暮らした和洋折衷の旧竹鶴邸
P9055970.jpg    P9055971.jpg
現在、敷地内にある旧竹鶴邸は、余市川を隔てた山田町から平成14年(2002)に
再移築されたもので平成17年(2005)2月にキルン塔や蒸溜棟などと共に
国の登録有形文化財に認定された。
一般公開は玄関ホールと庭園のみ。

創立時に建てられた第1号貯蔵庫。
P9055974.jpg    P9055972.jpg
適度な湿度が保てるように床は土で、外壁は夏でも冷気が保てるように石造りです。
見学用に開放している為、1号貯蔵庫のみ空樽を置いている。
現在、26棟でウイスキーが熟成を重ね、開封される時を待っている。

リタハウス(旧研究室)
P9055963.jpg   P9055967.jpg
工場敷地の持ち主であった但馬八十次の邸宅でした。
1934年(昭和9年)の蒸溜所開設時に事務所および研究室として使われた。

ウイスキー館
P9055976.jpg
ウイスキー博物館は、平成10年4月、ウイスキーの貯蔵庫2棟を改装して
「ウイスキー館」と「ニッカ館」の博物館とした。
「ウイスキー館」では、ウイスキーについての歴史や製造工程を学ぶことができる。
バーのような有料の試飲コーナーもある。中国人の観光客がカウンターを占領していて
メニューすら見る事が出来なかった。

無料試飲コーナー
P9055980.jpg   P9055981.jpg
博物館の二階の広いスペースで無料の試飲が出来る。

P9055983.jpg
外の景色を見ながら「竹鶴ピュアモルト」を試飲・・・癒しの時間はゆっくり流れる(*^_^*)
「竹鶴」「スーパーニッカ」の他に「アップルワイン」もありました。
水割り用の水、氷も勿論用意されていた。
一人各一杯ずつ試飲が出来、この他ノンアルコールのリンゴジュース、ウーロン茶も用意されていた。
私は「竹鶴」だけ試飲しました。 ご馳走様でしたo(^▽^)o

余市観光は続きます。

Category :

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所 見学(1)

皆様、こんにちは。

昨日(9月4日)は3年振りの中学同期会に出席。
きょうは札幌駅ターミナル発8:55分の高速バスで余市へ向います。
心配していた天気も大丈夫そうです。 10:33分余市駅到着。快晴です^^
余市駅前から蒸留所が見えます。 余市駅から歩いて直ぐですよ。


ニッカウヰスキー余市蒸溜所のシンボルにもなってるキルン塔
P9055985k.jpg
「パゴダ屋根」と呼ばれる赤いとんがり屋根と石造りの外観で
現在、製品の製造には使われていないが、平成17年(2005)2月に
蒸溜棟や旧竹鶴邸などと共に国の登録有形文化財に認定された歴史ある建物です。

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所正門
P9055945.jpg

ニッカウヰスキーが創業当初から採用している、石炭直火焚き蒸溜法。
創業当時からの変わらぬ手法です
P9055952.jpg   P9055955.jpg
                                 創業当時からあるポットスチル。
                                 他のポットスチルより小型である。

P9055953.jpg  P9055954.jpg
*10月の石炭直火焚き製法が見学できる日程は10/1~6、10/11~31です。


駅前にはNHKドラマ「マッサン」の放送を記念に設置されたリタロードの云われを記したレリーフがあります。
P9055941.jpg

高速バスから撮った日本海
P9055939.jpg    P9055942.jpg
つづく・・・

Category :